未分類

東京で人気の屋形船の周遊コース

屋形船自体は、全国で乗る事が可能ですが、屋形船で有名な場所といえば、やはり東京でしょう。
大都会の東京と日本の伝統の屋形船は、一見ミスマッチのように思えますが、東京湾にはオススメの周遊コースが色々あります。

では周遊コースをいくつか紹介していきます。
「東京スカイツリーとお台場コース」
東京スカイツリーもお台場も、東京の人気の観光名所となっています。

夜になるとライトアップされ、イルミネーションがキレイなので、見所満載です。
晴海からスタートし、レインボーブリッジ、お台場、隅田川・東京スカイツリーを2時間30分程度かけてゆっくり周遊します。

このコースの見所は、レインボーブリッジを間近で、見上げる角度で眺める事が出来る点です。
夜になるとライトアップされ、季節や曜日によって色が変化するのも見所の1つだと言えます。

またライトアップといえば、お台場にある大観覧車もお勧めです。
そして隅田川での見所は、たくさん架かっている橋です。
隅田川の橋の中には、重要文化財に指定されているモノもあったり、形が様々なので橋に注目してみたりしても面白いのではないでしょうか?

そして東京の新しいシンボルになっているスカイタワーも、スタイリッシュなデザインと最先端の技術に圧巻されるでしょう。
ライトアップにも拘っていて、日本の伝統色が使われているって知っていましたか?

「浅草~隅田川満喫コース」とは、浅草から出航し、隅田川まで周遊するコースです。
先ほど隅田川では、橋が見所だといいましたが、ここでは特にチェックしたい橋を紹介します。

まず隅田川の橋には歴史がある橋も多く存在し、落語にも登場しています。
「吾妻橋」は、身投げの本場は吾妻橋なんて当時は言われていたようです。

また両国にかかる「両国橋」や「永代橋」も落語の中に登場しています。
また俳人である松尾芭蕉が詠んだ橋・「新大橋」は、現在も残っています。
「初雪や かけかかりたる 橋の上」と橋が完成した事の喜びが伝わってきます。

他にも歴史的な背景を知らなくても、その構造美に目を奪われてしまう橋も存在しています。
「清州橋」は、なんと世界で最も美しい吊り橋と呼ばれているドイツの橋をモデルに作られた繊細なデザインの橋です。

東京湾で屋形船に乗るなら、芝浦石川のような老舗を選ぶと良いでしょう。

「葛西臨海公園周遊コース」は、葛西乗船場~東京ディズニーランドまでを周遊するコースです。
見所はパレードの最中に周遊すれば、打ち上げ花火を見る事も出来るかもしれません。
またこの近辺には、東京ヘリポートがあるので、ヘリコプターが見られる可能性もあります。

確実に見られるという訳ではありませんが、不確実だからこそ見られた時に嬉しさは倍増するでしょう。
葛西臨海公園には、日本最大の大観覧車があり、夜になると3段階のライトアップが行われます。

Tags:
期間限定で屋形船で釣りを楽しもう
期間限定で屋形船で釣りを楽しもう

コメントはまだありません

屋形船で東京グルメを堪能しよう
屋形船で東京グルメを堪能しよう

コメントはまだありません

屋形船の季節のイベントについて
屋形船の季節のイベントについて

コメントはまだありません

屋形船で納涼は本当に涼しい?
屋形船で納涼は本当に涼しい?

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA