未分類

屋形船で東京グルメを堪能しよう

屋形船を選ぶ基準は、料理の内容という人も多いのではないでしょうか?
せっかく屋形船に乗るなら美味しい料理を食べたいし、屋形船の料金で最も差が付くのが料理の内容だからです。

そして料理の内容は、伝統的な屋形船だからこそ和食が多いですが、最近は洋食や中華、BBQや焼肉などが食べられる屋形船も増えてきています。
選択肢が多すぎて、迷ってしまうという人にお勧めしたいのが、屋形船で東京グルメを堪能する事です。
では屋形船では、どのような東京グルメを提供しているのか紹介していきます。

「お刺身の盛り合わせ」は、東京築地から仕入れた新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で楽しむ事が可能です。
東京湾で獲れた魚介類は、マアナゴ、コノシロ、サヨリ、ボラ、カサゴ、メバル、スズキ、ヒラメなどです。

「江戸前寿司」は、お刺身の盛り合わせと同様に、東京築地から仕入れた新鮮な魚介類で作られています。
江戸前寿司は、歴史が古く、現在の握り寿司の原点になったお寿司です。

江戸時代は、まだ冷蔵庫が存在しませんでした。
そのためお寿司のネタも生魚のままではなく、酢や塩で締めたり、煮たり、タレにつけこんで加工したネタが多かったようです。

そしてせっかちな江戸っ子が、短時間で食事を終わらせる事が出来るように、シャリとネタを一緒に握ったのが江戸前寿司の始まりです。

江戸前寿司の特徴は、東京湾で獲れた魚をネタにしている事。
ネタにひと手間加える事が多い事。
代表的なネタは、アナゴや小肌、漬けマグロなどが人気です。
特に江戸前寿司はマグロには拘っていて、マグロの質で、お寿司の格が決まると言われています。

「江戸前天ぷら」は、東京湾で獲れる魚介類を中心に揚げた天ぷらです。
車えび、アナゴ、はぜ、キス、白魚、青柳などを主に、ごま油で揚げているのが特徴です。
ごま油で揚げるため、江戸前天ぷらの衣は、茶色っぽく、芳醇な香りと軽い歯ごたえが魅力です。
大根おろしと天つゆにつけて召し上がります。

和食はあまり好きではないという人であれば、東京グルメで「もんじゃ」を選んでもいいかもしれません。
月島の本格的なもんじゃを屋形船の上で食べる事が出来ます。
月島もんじゃは、鉄板で材料を炒めて、炒めた材料と生地を混ぜ合わせてから周囲に土手を作ります。
そして土手の中に残りの生地を流し込むのが一般的な焼き方です。

汁にソースで味付けされているので、汁は黄金色をしています。
もんじゃはボリュームたっぷりで、コスパが最強の食べ物です。
そのため料理コースをもんじゃを選ぶと、他の料理コースを選ぶよりもリーズナブルな価格で、屋形船に乗る事が出来ます。

Tags:
期間限定で屋形船で釣りを楽しもう
期間限定で屋形船で釣りを楽しもう

コメントはまだありません

東京で人気の屋形船の周遊コース
東京で人気の屋形船の周遊コース

コメントはまだありません

屋形船の季節のイベントについて
屋形船の季節のイベントについて

コメントはまだありません

屋形船で納涼は本当に涼しい?
屋形船で納涼は本当に涼しい?

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA